占例 天気

占 天気 台風が接近しています。「明日の天気はどうですか?」

用神
父母:雨
兄弟:風、強風
子孫:晴れ
妻財:日月辰星(晴れ)
官鬼:雷、地震(進神の場合)

辛酉(金)月辛酉(金)日 空亡子丑

雷天大壮   乾為天

兄戌土    ・・ 兄戌土
孫申金    ・・ 孫申金
父午火 世 ー
兄辰土    ー
官寅木    ー
財子水 応 ー 

世コウの「父母」は雨。しかし、動いてないので雨が降っても少しだけ。
5コウと6コウが伏吟なので、風が吹いたり晴れたりのスッキリしない天候。
[PR]

# by taiwankikokusi | 2008-10-19 15:51 | 占例

占断の順序

易の占断は次の順序でやります。

1.占う時(月日)を見ます。
万年暦を使って旧暦で月と日を書き出します。
また、空亡も記載しておきます。
日常一般の占いでは年はあまり使わないようです。

2.卦を立てます。
コインや竹ゼイ、サイコロなどを使って卦を出します。

3.納甲します。
納甲法にもとづき干支と六親を当てはめ、世と応を記入します。
なれない内は卦表を見て記入するとよいでしょう。

4.用神を決めます
占う事によって用神を選びます。
用神は自分のことは世コウ、相手のことは応コウ、その他の事は六親で決めます。
占断ではこの用神をどう選択するかが、大変重要になってきます。

5.判断します。
納甲がきまり用神が決まったら、いよいよ占断へと入ります。
[PR]

# by taiwankikokusi | 2008-10-19 13:21 | 用語

「擲銭法」

b0158841_23491267.jpg

この亀の甲羅にコインを3枚入れて、振って出てきたコインの表裏で「卦」を出します。 
これを「擲銭法(てきせんほう)」と言います。
「擲銭法」とは、
コイン3枚を6回擲って、その表裏により卦を出します。
例えば、
表が1枚で裏が2枚は「陽」、
表が2枚で裏が1枚は「陰」と少ない方の枚数を基準に陰陽を決めて、「卦」を書き出します。
但し、3枚すべてが表表表の場合は動コウと言って、「陽」から「陰」へと変化します。
同じく3枚すべてが裏裏裏の場合は「陰」から「陽」となります。
単純に計算しても、64本卦×64変卦×12干支×60干支の約295万の組み合わせができます。
*コインの表裏はどちらでも自分で決めてかまわないそうです。
[PR]

# by taiwankikokusi | 2008-10-17 23:51 | 用語

占例・病状

占 病状 「40代男性 顔が火照る、汗がよく出る。」

用神:官鬼

戌(土)月己丑(土)日 空亡午未

風沢中フ

官卯木    ー
父巳火    ー
兄未土 世 ・・
兄丑土    ・・
官卯木    ー
父巳火 応 ー 官寅木
[PR]

# by taiwankikokusi | 2008-10-16 23:47 | 占例

10月の勉強会がありました。


b0158841_23322966.jpg
10月12日(日)に河内長野市の錦教室で易学・風水学の勉強会がありました。
今回は李先生が台湾の易大学に行かれて、お休みということで小林先生による復習をメインとした勉強会となりました。三合局や半会などの用語の確認や、出した卦が何世になるかを調べる方法などを復習し、昼からは野球の試合などを占例に出して解釈の練習をしました。
[PR]

# by taiwankikokusi | 2008-10-16 23:33 | 最近の出来事