卦のたて方を覚えるには。

どうやって卦のたて方を覚えるか?

出来るようになるまでのプロセスは人それぞれ違うと思いますが、参考までに私の場合は、、

1.いつでも卦を出せるように八面体サイコロを2つと六面体サイコロを1つ持っておきます。

2.メモ帳も大切です。とにかく出した数字を記録しておくこと。その時は分からなくても、一月後に卦の意味が分かったりもします。

3.飽きがこないように、「亀とコイン」「筮竹」「十円玉」「五円玉」など数字を得る手段をいくつか持っておく。電車なんかではよく広告の「数字」を使って卦を出したりします。
最近は中国の古銭もいいな~と思っています。後、タロットカードで数字を得る方法がないか考えています。

4.一日の朝に、「その日の一日の吉凶」をみてみる。忙しい時は朝出かける前に数字だけ出しておいて電車の中で、卦を解釈したりしています。

5.仲間を作る。一人でコツコツと卦を出して解釈しているとマンネリ化してしまいます。
友達から、宿題を貰って解釈を練習してみるのも面白いです。

6.分からないことは、先生に聞く。用神の取り方や卦の解釈の仕方はケースバイケースです。直接先生に聞くと、とても勉強になります。

7.易にどっぷり漬かる時期は必要だと思います。例えばひと月ならひと月間、ひたすら卦を立てることに専念する時期は必要ではないかと思います。実はこの点が卦をたてる方法を身につけるための一番のポイントではないか?と個人的には思っています。

そして卦のたて方を覚えたら、後は解釈の仕方をコツコツ勉強して行きます。
[PR]

by taiwankikokusi | 2008-11-19 00:58

<< 11月の勉強会がありました。    鬼谷子エピソード① >>